剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

2016年01月06日

恵土孝吉先生の競技の世界と修業・遊芸の世界



まず私の「剣道に対する取り組み方」は「遊びの世界」と「競技の世界」並びに「修業・遊芸の世界」とに区分して考えています。言葉を代えていえば、人の成長段階に合わせています。

初歩的段階(小学校3年生から中学3年生頃まで)では、技術は気剣体一致した動作を主目標として指導、体得します。精神や態度面では主に礼儀作法や約束が守れるように指導し、ルールや審判法は現行のものを応用すればよいと存じます。

次に中級段階(高校生〜大旨40才代まで)としては「競技の世界」として取り組ませます。この段階では技術面と動作面の主目標として、いわゆる理合にあった技や巧みな動作を体得させるようにします。理合にあうということは、力学的、解剖学的、美学的にかなっていることと理解されるわけですから、例えば出小手を打つ場合は相手の竹刀をかわしつつやや背を丸くし、腕を縮めながら打つ動作が理合にかなっていることになります。

よくある例ですが、タイミングのよい技や心を打つ技(例えば攻めて相手がのけぞった場合の面打ち)があってもそれは有効打突の条件を満たしていないわけで、有効打突とはなりません。しかし逆に空間的な隙(例えば中段に構えていて手元が挙がっていない場合でも胴部位を正確に打突していれば有効打突とします。)また単に剣先を相手の胸につけているだけの場合や胸当てから外れ首横につっかかっている場合の打たれた条件を満たした面打ちは、当然のことながら有効打突とします。更に、袖に剣先をひっかけた場合の打たれた面なども条件を満たしていれば有効打突であるわけです。この世界では、競技者の培った体力とパワー並びに精神力をルールの範囲内で全力で発揮させて勝ちを競わせるわけで、ちゅうしょう的、心情的な価値観の入る余裕を少なくしなければなりません。したがって競技の世界では無駄な打ちがあろうが、相手の心を打たない技、あるいは品格のない技でも有効打突の条件を満たしていさえすれば有効打突となるわけです。全日本選手権大会や国体、都道府県レベルの大会は競技の世界としてとらえたら如何と思うわけです。

最後に競技の世界で培った巧みさやパワーを昇華させるために「修養・遊芸の世界」に導きます。ここでは相手の心や観衆の心を打つ技、あるいは品位のある技、無駄のない打ちを技術的、動作的な目標とします。無駄な打ちを数多く繰り出してやっと競技の世界での有効打突を取得しても、感心した技術ではありません。また、対戦相手に心を衝たれておきながら、無理やり繰り出した技も感心しません。(略)


引用:恵土先生退官記念講演概要


この動画をキッカケに恵土孝吉先生のことを調べてみたところ上記の文章に出会いました。

私も年齢的にはそろそろ「競技の世界」から「修養・遊芸の世界」へと移行しなければいけません。
「競技の世界で培った巧みさやパワーを昇華させるために」の部分が「自分は培ったと言えない・・・」と引っかかっていますが、それでも心を打つ一本を目指して歩き始めたいと思っています。

この講演概要を読んで、八段戦を観戦していた時に、近くに座っていた丸坊主頭の高校生たちが「(自分たちが)何を打っても旗が上がる気がしない。」と言っていたのを思い出しました。

競技の世界から昇華した「修養・遊芸の世界」というのは確かに存在しますよね。
この動画「京都大会 究極の面一本」とか。
おぼろげながらようやくそういうことが腑に落ちるような気がします。

そういう意味では、2月に開催される七段戦は「競技の世界」と「修養・遊芸の世界」の境界が相見える実に面白い大会だと思います。
タグ:恵土孝吉
↓↓ランキングに参加しています。小手面胴とクリック応援して頂けると嬉しいです!↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へにほんブログ村
剣道 ブログランキングへ


剣道防具工房「源」


posted by ちょいちょす at 12:30 | Comment(0) | 剣道時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
SEO対策テンプレート