剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

2018年06月19日

審判をする人は試合に出るべき

剣道の試合は審判が作るといいますが、

試合を見に行くと、「さすがに、これはひどい」と思う審判もいらっしゃいます。




まず、試合審判規則・細則および審判要領をご存じないであろう方もいらっしゃいます。


審判講習に参加するのはもちろん、勉強をしていかないといけませんね。


次に、有効打突の見極めですね。

これは、本当に難しく、私自身も相面で差し違えたなんて経験はよくあります。
それから、玄妙な技をしっかりと取れるかどうかというのもありますね。

応援する側だと、今のは一本でしょうとか。あれはないでしょうとか。

お世話になっている先生には、いつも、「審判をやる人は試合に出場しなさいよ。」と言われています。
自分が試合から遠ざかっていると、見えるものも見えなくなると。

確かにそうだなと思います。

審判批判はNGですし、私も常に反省することだらけです。
それでも、進学や人生がかかる試合というのもあるわけで、審判も常に研鑽と反省が必要ですね。


↓↓ランキングに参加しています。小手面胴とクリック応援して頂けると嬉しいです!↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へにほんブログ村
剣道 ブログランキングへ


剣道防具工房「源」


posted by ちょいちょす at 18:50 | Comment(0) | 剣道時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
SEO対策テンプレート